近況 その2(長文です)

父が亡くなったあと、母は急激に元気をなくしていきました。
葬儀中もそのあともずっと
「早くそっち(お父さんの方)に行きたい、私が先に死ねばよかった、死にたい」など
繰り返していてとても心配でした。

さみしくて認知症っぽい症状も出てきて
私の他に親戚などにも電話を頻繁にかけてしまい、
私が着信拒否にして下さいとお願いしたのに、ある親戚は電話に出続け
「みんなに多大な迷惑をかけている、○○さん(母)はもう一人では暮らせないよ」と
クレームを言ってきました。もう一人の親戚にまで電話をかけさせて。
そしてその親戚の人にせっつかれてショートステイを利用しました。
(ここで強引な親戚の人の意見に心折れてしまった事を後悔しています)

そこで2日ほど楽しく過ごしたのですが
3日目の夜、母は誰かから電話がかかってきていると思い込み、
ベッドから降りようとして転倒。
頭を打ち、入院となりました。
母の一人で暮らす力を信じようとケアマネさんと相談していた私としては
その親戚の人の強引なひと言からショートステイに入り、
このような事故が起きてしまった事をちょっとひきづっています。
それまでは電話をかける以外、家事も買い物もトイレも入浴も何でも一人で
こなせていたのですから。

まあショートステイの施設ではお友達と楽しく過ごしていましたし、
身体的拘束などはしないそうですから事故は起こりうるとあとから
専門家に聞いて今はだいぶ受け入れられるようになりましたが。

当時はショックで、父の事もひきづっていて
母の入院や手術の打ち合わせはすべて夫にお願いしてしまいました。
夫が冷静に聞いてくれて本当に助かりました。

11月2日に頭の血の塊を取る手術をして、手術自体は成功したのですが
その後意識レベルがだいぶ下がり、今現在も少々危険な状態が続いています。

ちなみに母の脳の海馬は認知症で見られるところの委縮がまったくなく
認知症っぽい症状はなぜおきたのかお医者さんも首をかしげていました。

昨日12日の14時ごろ、肺炎を起こしかけて呼吸困難になり、医者から電話で
万が一の時は延命治療をするかどうか確認されました。
私が結婚する前、まだ両親が元気な頃に「延命治療はしたくない」と意志を聞いて
いたのでそちらはお断りしました。

その後20時に当直の先生からだいぶ呼吸が乱れているという事で心配なので
一度来てほしいと言われ、夫と娘と三人で病院にかけつけました。

母は苦しそうでしたが私たちが声をかけると「あ~あ~」と意志のある声で
はっきりと返事をしてくれました。

何日か前に私だけお見舞いに行ったときは声も出さなったので
とても嬉しかったです。

その後、少し落ち着いたので帰ってきました。

そして今日13日主治医の先生から電話で病状説明がありました。
手術後から脳の状態は少しよくなっている。
しかし全体の体のレベルはあまりよくない、特に呼吸がおぼつかない。

これから母が快方にむかうのか、それともこのまま弱っていってしまうのか
五分五分だと言われました。

寿命や生命力にかかっていると。ある程度覚悟はしておいてくださいと
言われました。

寿命や生命力にかかっていると言われた時点であまり大きな希望は持てないような
気もするのですが、母は生命力のある方だと思うので頑張ってほしいと思います。

84歳、十分長寿ですが、まだ平均寿命まではいっていないですし、
いろいろ不安や葛藤もありますが、
それも全部受け入れておおらかに母の事を見守っていこうと思います。
病院にいれば事故等の心配は皆無ですし。
このへんは父の経験をふまえて少し余裕ができたような気がします。

なんにせよ、私も親を見送るそういう年になったのです。
これで親を送り、娘を育て上げたら
今度は私が弱って送られる番なのだなと考えると
なんだか人生ってなんだろうと少しむなしくもなりますが、
その人生の意味を探すためにこれからも
いろいろな事を悩みながら、泣きながら、時に笑いながら受け入れて
生きていこうと思います。


[PR]
トラックバックURL : http://happimarri.exblog.jp/tb/28249842
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by emuesu at 2017-11-15 11:57 x
ブログを読み、目を疑いました。
まさかそんな・・・と何度も読みました。
今は落ち着かれた様子で安心しましたが
どんなにつらかったことでしょう。

親戚の口出し(失礼)で
当事者家族が精神的に疲弊してしまう話はよく聞きます。
心配してくれても、結局、無責任発言(失礼)になるので
donchanさん大変でした。

お母さまのおからだ心配ですね。
donchanさん無理をしないで。
寒くなってきましたのでお身体大事にして下さい。
Commented by go2donchan at 2017-12-12 22:23
emuesuさん
温かいコメントありがとうございます。
とても残念でしたが、今は落ち着いてきています。
もう一つ残念な出来事がありましたが
それもまた書きたいと思います。
それでも少しずつ元気を取り戻してきています。
emuesuさんのお言葉にいつも励まされています。
ありがとうございます。
とても寒い日が続いています、emuesuさんも
くれぐれもご自愛くださいませ。
by go2donchan | 2017-11-13 17:55 | Trackback | Comments(2)